電子マネーの基本!ポイントをゲット

いくらごとに何ポイント付くかを把握

買い物をするとき、クレジットカードやポイントカードを使うとポイントが貯められます。将来的にお金のように使えるので、お金を貯める感覚でポイントを貯められます。同じように電子マネーを使うときにもポイントが貯められるようになっています。ただし注意が必要で、それぞれでポイントの付与のされ方が異なります。多くの電子マネーは鉄道会社やスーパーなどが発行母体になっています。発行母体で使うときには、高めの還元率が設定されています。それ以外のお店で使うときはあまり還元率が高くない時があります。発行母体のお店などでよく使うなら、発行母体での還元率が高いものを選びましょう。いろいろなお店を使うなら、その他のお店でも還元率の高いタイプを選びましょう。

使えるお店が多いタイプを利用

電子マネーは、スマホやICカードなどにあらかじめ現金をチャージしておく仕組みです。支払いの時は機械にスマホなどをかざすだけで済ませられます。小銭は不要ですしお釣りも渡されません。いくつかのサービスが用意されていますが、主に鉄道会社とスーパーなどの流通関係のものが知られています。コンビニやドラッグストアではどちらも使えるところが多くなっています。実際の所、電子マネーの種類によって使えるお店が異なります。まずそれぞれの電子マネーの発行母体やグループ会社などで使えます。その他多くのコンビニ、一部のドラッグストアで使えるようになりました。それ以外となると使えるところが限られてきます。日常的によく使うお店で使えれば、ポイントもたくさん貯められます。