ノーマル系電子マネー

誰でも使えて現金より便利

商品にはそれぞれ値段が付けられていて、買いたいときにはその値段分のお金を払います。かつては100円や200円等わかりやすい金額設定がされていましたが、スーパーなどでは98円等の端数の値段もあります。さらに消費税が付いてより複雑になりました。財布の中が小銭であふれかえるようになりました。その中で登場したのが電子マネーです。以前からキャッシュレスで支払いができる仕組みとしてクレジットカードはありましたが、誰でも利用できるわけではありませんでした。ノーマル系の電子マネーは、特に年齢制限なく利用ができます。事前にお金をチャージしておく先払い制が多く、クレジットカードとの紐づけは任意になっています。子供やお年寄りも使えます。

使えるお店はまだまだ少ない

日本では、買い物の時はお金を使うのが一般的です。海外ではカード文化が進んでいるところもあり、現金払いを禁止するお店がある国もあるようです。クレジットカードは、日本で発行したカードでも世界中で使えます。非常に便利な支払い方法になっています。新しい支払い方法として電子マネーがあり、クレジットカード同様現金のやり取りは不要です。どのお店でも使えると便利ですが、今のところはどこでも使えるわけではありません。ノーマル系の電子カードは、鉄道会社や流通系の会社が発行しているものが多いです。発行元の会社やそのグループ内では使えるものの、それ以外での利用がなかなか進んでいません。利用できる店が広がれば、もっと利便性が高まるかもしれません。