電子マネーで割り引き!

鉄道の料金が少しお得になる

鉄道会社では各社で運賃を決めています。以前であれば、切符を購入するか定期を購入するかが利用のメインでした。最近は電子マネーを利用して切符を購入しなくても利用できるようになっています。かつての運賃の決め方として、自動券売機で購入するのを想定してすべて10円単位になっていました。消費税などで運賃が上昇するとき、微増でも上るときは10円単位で上るようになっていました。ある鉄道会社では、切符利用時と電子マネー利用時で料金が異なる仕組みになっています。切符利用時はこれまで通り10円単位の料金ですが、電子マネー用として円単位の料金が用意されています。電子マネー用の方が若干安くなっているので、電子マネーで乗った方がお得になります。

スーパーやコンビニでの支払いがお得

流通系の電子マネーがあり、大手スーパーグループが用意してくれています。主にそれぞれのグループ会社での利用ができますが、グループ以外のコンビニやドラッグストアでも利用できるようになっています。ポイントのつき方などで差がありますが、それ以外にも割引サービスなどが用意されています。常に行われているわけではありませんが、1箇月のうちで特定の日にそのスーパーグループの電子マネーを使うと5パーセント引き等をしてくれます。その他指定の商品があり、電子マネーを使うと通常より10円から100円ぐらいの値引きを受けられます。どの電子マネーでも受けられるわけではなく、あくまでもそのお店のグループの電子マネーで支払ったときになります。

電子マネーを導入とは、現金の代わりに、あらかじめチャージしたカードやスマホ、もしくはクレジットカードなどで支払える電子マネーを利用できるようになるということです。